メンズ

最新の薄毛対策方法|女性は育毛シャンプーで薄毛を改善しよう!

DHTの生成を食い止める

メディシン

横浜でも多くの男性が病院に通い、AGA治療を受けています。AGA治療では、プロペシアという特効薬が海外で開発されたので、服用を続けることで症状は改善していきます。この特効薬を使用することで、男性型脱毛症の主な原因とされるDHTの生成を抑えることができるのです。そのため、本来の育毛能力を取り戻すことができます。ですから、長期間使用することで薄毛が改善されていきます。プロペシアは男性ホルモンの一種を抑制することができるのです。薄毛の進行には、男性ホルモンの変換で発生するので、DHTを生成されないようにするためには、プロペシアで男性ホルモンの分泌を抑えることが重要になってきます。

飲むタイプの育毛剤ですので、1年間に服用を続けた横浜市の患者さんは、約6割以上の男性が改善することに成功しています。この臨床データからも、男性型脱毛症はDHTが深く関係していることがわかるでしょう。また、改善することができなかった患者さんでも、9割以上が進行が止まったと答えています。そのため、プロペシアを横浜の病院で処方してもらうことで、今以上に薄毛を進行させないことができます。プロペシアを長期間服用することで、薄毛の進行を食い止めて、徐々に改善していくことができるでしょう。横浜では、現在も多くの男性が薄毛で悩んでいるでしょう。その多くが男性ホルモンの一種がDHTに変換されて起こっています。そのため、横浜でAGA治療を行なっている病院を探して、プロペシアを処方してもらいましょう。